So-net無料ブログ作成
サシャ・ブラウス 人類最強の食い意地 ブログトップ

進撃の巨人第三話 サシャ・ブラウス 人類最強の食い意地 [サシャ・ブラウス 人類最強の食い意地]

サシャ・ブラウス 人類最強の食い意地キャラ登場の第三話
進撃の巨人 第3話 絶望の中で鈍く光る ついに良く分からないヒロインが登場
サシャ・ブラウス 人類最強の食い意地キャラですね。だれもがこのキャラはなんぞやと、、、
イモを盗んで教官のキース・シャーディスに飯抜きの走り込みを言い渡される始末
しかし走り込みよりも飯抜きの方がきつかったらしい、、、顔が騒然としていたそうです。
しかし生きるためには、第二話であったように ミカサのパンアタックも必要なわけで、
食べ物の大切さをサシャ・ブラウスは伝えているのかもしれませんね。

仕方ないさ、力のないものは去るしかな とエレンは語り掛けますが
そのエレンは、立体機動の適正を見る姿勢制御訓練が出来ず 
ヤバイ、、、口だけエレンが再発してきます。

しかし後でわかった事は、ベルトが壊れていたという事だったので、
エレンのせいではなかったようですね。

エレンにミカサは、兵士を目指すべきじゃない と語っているので、
壊したのはミカサのやさしさなのかもしれません。

まあどうみても、危なっかしいエレンですから、回りくどい事をしてでも止めたかったのかなと、
しかしベルトが壊れていた事が分かった事から ベルトを交換した後 エレンは合格
晴れて調査兵団への道を開くのです。

ただ、、ミカサはなるべくは挫折してほしかったのだろうなと思ったりします。

この時にいた訓練兵には、巨人を見たことがない人多く、エレンの話に耳を傾ける人や
興味津々の人もいますが、実際に恐怖合ったエレン意外には分からないことだらけじゃないかなと
でもここで 壁を壊した張本人であるベルトルトとライナーが出てきます。
かれらは、このエレンの巨人話をどう思っていたのでしょうね。
ベルトルトとライナーは何らかの意図があってやっていますが、
それでも、シガンシナ区の多くの市民が彼らのせいで亡くなっており、
責めを負う形で悩んでいるのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
サシャ・ブラウス 人類最強の食い意地 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。