So-net無料ブログ作成

進撃の巨人 首筋が弱点の巨人 だが、、、しかしどういう構造なのだろうか? [進撃の巨人の謎]

進撃の巨人 首筋が弱点の巨人 だが、、、しかしどういう構造なのだろうか?
そもそも良く分からないのは、頭が吹き飛んでも巨人は倒れず、
心臓辺りが無くなってもおそらく倒れない構造になっています。

だが、首筋の部分を刈り取られると倒されるという構造になっています。

しかしエレンやミユルの巨人化をみると、どうやら人間から巨人になる際に首筋辺りに結合される?
という事みたいですね。
問題は、15mやミユルぐらいまでの巨人ならその構造で良いと思うのですが、
3m級の小さな巨人は、ほとんど人間の倍の状態なので、どうくっついているのやら、、
そもそも意識のないだろうと思われる、ほとんどの巨人はこういう構造ではないのかもしれません。

実際に、巨人化すると奇行種とよばれる なぜかオカマ走りの巨人は、元に戻ったところを見たことがありません。
また多くの巨人は骨とかして倒されると、人間が出てきたという事もないようです。

こうなってくると エレンやミユルなどの人間から巨人化できる人々は特殊という事になるのかなと、
しかし巨人が寿命で死ぬことはあるのだろうかというもっともな疑問があります。
謎ばかりの 進撃の巨人ですね。


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。